スリーメン&ベイビーの感想

0011スリーメン&ベイビーを観ました。この映画のあらすじは、同居している独身貴族3人の部屋の前に、赤ちゃんが置いて行かれます。同居しているうちの一人の男の彼女が、「世話をみれなくなりました。後をお願いします。」という置手紙とともに、置いて行ってしまったのです。それから、男3人の奮闘が始まります。慣れていないので、七転八倒します。そのうち、だんだんと愛着がでてきたところに、母親が自分が育てると言って、引き取ってしまい、3人はしょんぼりします。しかし、結局母親はまだまだ都心で働きたい、子供を育てるのは無理だ、と言い、男3人はそれを歓迎し、母親と同居して、4人で赤ちゃんを育てることにします。

赤ちゃんがとてもきれいな顔をした赤ちゃんで、かわいいです。洋服も、かわいい服ばかり着ています。赤ちゃんを育てることになった男達も気のいい連中で、観ていて気持ちがいいです。子育ての大変さも伝わってくる映画です。

後半は、友達同士力を合わせて、楽しく育児をする感じで、明るいです。赤ちゃんの話と同時進行で、麻薬の話も進むのですが、そちらは印象に残りません。家族で観るのにおすすめの、ほのぼのとした話です。観ていて、ほんわかとした気持ちになります。

コメントを残す