月とキャベツをおすすめします

0007

私がおすすめするのは、「月とキャベツ」という映画です。この映画は1996年に公開された邦画で、主演を務めるのはミュージシャンの山崎まさよしさんです。また、主題歌である「One more time, One more chance」をはじめ、作品の中で使われている音楽も彼の手によるものです。
物語は、人気バンドの中心人物であった主人公が、バンドの解散後に田舎に移り住むことから始まります。そこでキャベツ作りをする中で、バンド時代の彼のファンであったという謎の少女が現れます。夏の間、彼らは不思議な共同生活を始めるのです。はじめは少女に不信感を抱き、またそっけない態度をとる主人公でしたが、少女の天真爛漫さと素直さに、だんだん心を開き始めます。そしていつしか、二人の間に淡い恋心が芽生え始めるのです。
穏やかで自然溢れる景色の中、ストーリーは展開していきます。シーン毎に流れる山崎まさよしの音楽もぴったりと合っていて、気がつくと映画の世界観に引き込まれています。
しかし、夏休みとは永遠には続かないものです。物語が進むごとに、優しさの中に、寂しさ、悲しみ、愛おしさ、懐かしさ、感謝、希望など、さまざまな感情が湧き上がってきます。見終えた後には、切なさとともに温かい何かを感じることができる、「月とキャベツ」はそんな映画です。

ドラマ 見放題

コメントを残す